FC2ブログ

Knit-File Infometion

表紙18号 ニット・ファイル社のホームページをリニューアルしました。
アドレスは、⇒⇒ [新 ホームページ URL]です。
ご訪問下さい。 スタッフブログもこのホームページの中に設定しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動を貰った日

感動を貰った日
昨日の話ですが「ニット・ファイル通信」の2015年7月号を発行し配送も終わって久々に各産地のホームページを見に行き、ここで五泉ニット組合青年部の川島幹生氏が、小社の「ニット・ファイル通信」の記事を取り上げてコメントを出しているのが目に留まったのです。そのコメントとは原文のままです。「この記事を読んで、我々がやってきたことは、いや、やろうとしていることはこれから5年・10年先を考えれば決して間違いではないと確信しました。」と書かれていたのです。
それはJBKSを取材中にあるブースに大きな看板に「こんにちは!僕たち五泉ニット組合青年部です!・・・」と書いてあるのに気が付き、そこに立ち寄ったことが出会いであったのです。
シリーズで掲載している50年前の各産地をセンイ・ジヤァナルの資料から「今は懐かしい1950年代の各産地」と題して新潟編を取り上げ2015年4月号に掲載し、もちろん同号にJBKSも併載しています。色んな角度からのニット業界を取り上げ、倒産まで長年勤めていたセンイ・ジヤァナルとは違った記事を書くため「ニット・ファイル通信」としては「現実」「提案」「なぜ」「過去を学ぶ」と、この方針は創刊号から続けています。
私も川島氏のコメントを読んで、やってきたことに間違いではないと確信しました。
五泉ニット組合青年部の皆さん有り難うございました。

五泉ニット組合青年部


スポンサーサイト

テーマ:お仕事日記 - ジャンル:ビジネス

せっぱつまる

「せっぱ」とは何のことか
「ニット・ファイル通信」を発行し、自分でも原稿を書いていますが、締め切りギリギリまで、中々手をつけられないタイプなのです。原稿用紙ではなくパソコンに向かうのは、いよいよという土壇場になってからで、そんなふうに追い込まれたほうが、スラスラと書ける(打ち込む)のです。おそらく「せっぱつまって」いる状態からくるプレッシャーが上手い具合にエネルギーに転化されていると思いますが、さて「せっぱ」とは「切羽」と書く言葉で、刀の鍔のところにある柄や鞘に接する部分の金属ことです。つまり刀を抜くか抜かないかのところまで追い詰められているのが「せっぱつまった」状態。ひょっとすると、このようなタイプは時代小説家が多いのかもしれませんね~。筆者は小説家に向いていませんが・・・余裕を持った仕事をしたいと思います。
ニット・ファイル社
プロフィール

ファイル

Author:ファイル
波乱万丈の人生 ならば、これから先のことを楽しまなきゃ!と、センイ・ジヤァナル廃刊後「ニット・ファイル社」を設立。季刊誌や「日中英ニット対訳用語集」の発行にとりくむ。

ニット・ファイル通信
ニット・ファイル通信 vol.2
ニット・ファイル通信
日本で唯一のニット業界専門誌
A4版・オールカラー
定価1000円(税込み)
送料350円(レターパック)

詳細、申し込み、お問合せは、
ニット・ファイル社HP
からお願いします。
日中英ニット対訳用語集
yougosyu
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。