FC2ブログ

Knit-File Infometion

表紙18号 ニット・ファイル社のホームページをリニューアルしました。
アドレスは、⇒⇒ [新 ホームページ URL]です。
ご訪問下さい。 スタッフブログもこのホームページの中に設定しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまは懐かしい1953年代の問屋

ニット・ファイル通信ダイジェスト
ニットファイル社のホームページでは過去に発行した季刊誌「ニット・ファイル通信」の中から一部記事をダイジェストの形で取り上げています。梅田問屋

今回は2012年1月号の中から、「いまは懐かしい1953年代の問屋」を取り上げています。
昭和28年代(1958年)大阪、東京、名古屋のメリヤスに視点をおいた繊維問屋街の様子を覗いてみませんか。

1953年といえば、落下傘スタイル、真知子巻き。
懐かしい・・・オッチャンの話分かりますか?
スポンサーサイト

「オヤジ」世代が求める服が無いぞ~

ファッションに目覚めた「オヤジ」世代が求める服が無いぞ~
シニア向きの売り場があるものの当時ファッションに目覚めた現在のおやじ世代に対する品揃えが現在の若いMDには間違った認識を持った品揃えをしているのが現状です。
人はどんどん年を取る、若い人から見ると65歳代から75歳代は、云うまでもなく、年齢がその上の人も含めて習慣や言葉の違いがあり、だからこそ、それらの層にピタッと来るファッション提案には、それなりの年齢と人生の味を経験し尽くしたデザイナーやマーチャンダイザーでなければ、そうした世代向けにうってつけのファッションが創出できないのではないでしようか――と考える訳です。
66歳以上で、当時はアイビールックなどを経験してきたファッションに興味がありファッションが好きな人を対象に、その年代層向け専門のデザイナーやアドバイザーとして活動する事を求め、それへの養成を試みてはどうでしよう。今でも自分の時代のファッションを守り抜いている人はその人なりのお洒落心があるし気持ちの奥底に秘めた並々ならぬファッションへの関心がある人でしよう。
そうした年代層別セグメンテーションによる専門デザイナーが、“60の手習い”よろしく育成され、腕を振るうようになれば、若い人たちが考えたファッション感覚より、その年代の人にぴったり馴染む商品を産み出し、提案可能な仕組みが出来るのではないかと考えられますが・・・
「健康はお洒落から」の視点でも視るべきで、ウキウキする気持ちには定年がありません。

ニット・ファイル社
プロフィール

ファイル

Author:ファイル
波乱万丈の人生 ならば、これから先のことを楽しまなきゃ!と、センイ・ジヤァナル廃刊後「ニット・ファイル社」を設立。季刊誌や「日中英ニット対訳用語集」の発行にとりくむ。

ニット・ファイル通信
ニット・ファイル通信 vol.2
ニット・ファイル通信
日本で唯一のニット業界専門誌
A4版・オールカラー
定価1000円(税込み)
送料350円(レターパック)

詳細、申し込み、お問合せは、
ニット・ファイル社HP
からお願いします。
日中英ニット対訳用語集
yougosyu
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。